2015年12月09日

アーセナル、レアル・マドリーFWベンゼマの獲得へ


こんにちはーポップです。

その移籍の噂、ホンマなん?

「ベンゼマ」
ベンゼマ.jpg
「アーセナルはレアル・マドリードFWベンゼマの獲得に動くようだ。
レアル・マドリードは恐喝容疑の渦中にあり、フランス代表からの追放も噂される同選手の放出を検討しているという。そして後釜として・・・





「アーセナルはレアル・マドリードFWベンゼマの獲得に動くようだ。
レアル・マドリードは恐喝容疑の渦中にあり、フランス代表からの追放も噂される同選手の放出を検討しているという。そして後釜としてバイエルンFWレヴァンドフスキの獲得を望んでいる模様。
そこで、今夏もベンゼマの獲得を目指していたアーセナルが再び同選手に関心を示しているようだ。多くの負傷者に悩まされ、起用できるCFがジルーのみとなっていることから、1月の移籍市場でベンゼマ獲得に動くと伝えられている。」
ということで、
1.アーセナルがベンゼマを獲得候補に挙げている
2.CFが駒不足

という噂です。

■ベンゼマとは
ベンゼマはレアル・マドリーに所属する現在27歳のFW。CFが本職ながらリヨン時代にはウイングでのプレー経験もある。
187cm、79kgの体格を活かしたパワフルなプレーも得意とするがベンゼマの最大の特徴はジダンと比較されるほどのボールテクニックと動き出しの質の高さ。
特に動き出しの質の高さは素晴らしく、自らボールを受けるだけでなく、味方にボールを受けさせるような動きなどもハイレベルで周囲と連動する能力の高さは世界でも指折りだ。

ロナウドがレアル・マドリーで活躍できるのはベンゼマがいるからとも言われている。

スポンサードリンク



■レアル・マドリーでの状況
得点源として、また、ロナウドを最大限生かすパートナーとして欠かせない選手の一人でもある。
年齢的にもあと2,3年は今のピークを迎えるプレーレベルを継続できるだろうことも考えると今冬もしくは来夏の放出はないと考えられる。

しかし、今回の状況はそういった戦力的な面とは全く関係ないところで起きたもの。
このままベンゼマの容疑が晴れない状況が続いたり、無罪でも悪いイメージが定着すれば、マーケティング的に重要になるブランドイメージを傷つけないためにも容赦なく放出される可能性は高い。
ちょうど来夏にはパートナーのロナウド放出の可能性も高いため同時に放出も考えられるか。

そしてこの場合の放出ならレアル・マドリーは移籍金はあまり気にせず放出するだろう。

■アーセナルでは
アーセナルに移籍した場合CFのスタメンに据えられる可能性は高いだろう。
元々ベンゲルはベンゼマの連動性を高く評価しているし、アーセナルのパスサッカーにベンゼマのムービングスタイルは相性がいい。上手く連動して中盤の選手の良さや得点力を引き出せるだろう。しかもエジルとはレアル・マドリーでともにプレーした経験があるためここのラインに不安がないのも大きい。
ベンゼマ自身の得点力もジルーやウォルコットよりも1ランク上だし、ベンゼマが入るだけでリーグ優勝の可能性も一気に高くなる。

ベンゼマがショーウインドウに上がった場合は相当の競合が予想されるが、幸いにもアーセナルの資金力はこれまでの健全経営のおかげで大きな不安はない。
そのため鍵を握るのはベンゲルが28歳になる選手に大金を払うかどうか、また、ベンゼマをいかに口説き落とすかの2点になる。

■総評
レアル側の放出の可能性は今のところ5分といったところか。仮に無罪が確定してもダーティーなイメージがつけば放出するだろう。
アーセナルも一級線のストライカーを確保したいだけにそれなりの移籍金は支払う覚悟もあるか。

移籍の確率50%


情報はこちらのまとめサイトから


スポンサードリンク

posted by ポップ at 07:28 | Comment(0) | 移籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。