2015年12月05日

A・マドリー、チェルシーFWのD・コスタ復帰を狙う


こんにちはーポップです。

その移籍の噂、ホンマなん?

「D・コスタ」
D・コスタ.jpg
「チェルシーFWジエゴ・コスタに対して古巣A・マドリーが興味を示しているようだ。
チェルシーはバイエルン・ミュンヘンFWミュラー獲得に動いているとされており、D・コスタは放出候補と見られている。そのD・コスタに対してアトレティコは移籍金・・・





「チェルシーFWジエゴ・コスタに対して古巣A・マドリーが興味を示しているようだ。
チェルシーはバイエルン・ミュンヘンFWミュラー獲得に動いているとされており、D・コスタは放出候補と見られている。そのD・コスタに対してアトレティコは移籍金2800万ポンド(約52億円)で獲得を検討しているようだ。
D・コスタは今季公式戦17試合で4得点を決めている。ただ、試合中に相手を挑発する行為やジョゼ・モウリーニョ監督と度々口論になることもあり、度重なる問題行動によりモウリーニョ監督の信頼を失いつつある。」

ということで、
1.A・マドリーがD・コスタを獲得候補に挙げている
2.移籍金は52億円

という噂です。

■D・コスタとは
D・コスタはチェルシーでプレーする27歳のFW。CFを唯一のプレーポジションとしている。
テクニックは凡庸ながら188cm、78kgの体格を活かしたシンプルなプレーを得意としている。パワーを最大の武器とし、ポストプレーからの前を向いてのシュートやヘディングを得意とする。
また、スピードもあるため、はまった時の爆発力は高い。

欠点は感情のコントロールが不十分で、ラフプレーに走ったり、警告をもらうことが多いこと。
また、ポゼッションサッカーは苦手なようでスペイン代表ではまったく輝けていない。

スポンサードリンク



■チェルシーでの状況
リーグ戦では11試合に先発出場するなどスタメンの座を確保しているように見える。
ただ、これは控えのFWがさらに悪いだけで、3得点しか決めれていないCFに対してモウリーニョ監督も見切りをつけ始めている。事実口論になったり、D・コスタではなくアザールを1トップに置くなど関係性は悪化している。

元々実力的には高いが今シーズンはチーム自体がプレシーズンから失敗してしまっている。
チャンスも少ない中で結果を求められ、ストレスがたまる状況にあるのはかわいそうだが・・・

現状では来期にCLを逃す可能性も高く、そうなればモウリーニョが退任したとしてもD・コスタの移籍はさけられなくなるか。その際移籍金は2000万ポンドまで落ち込みそうだ。

■A・マドリーでは
移籍した場合D・コスタがスタメンになれるかどうかは微妙だ。
FWでスタメン確定なのはグリーズマンだけだろう。残りの1枠をj・マルティネス、トレース、ビエットと争う図になる。恐らく最もタイプの近いj・マルティネスと比べてみて獲得するかどうかの判断になる。

しかし、現状のFWの充実度とそれに対してCHの層の薄さを考えると大金を払って獲得するという判断はいかがなものか。
シメオネがその判断を誤るとは考えにくいので、獲得の可能性はあまり高くないように思う。


■総評
何よりも本人が移籍を望んでいる可能性も高く、後釜さえ目途がつけばチェルシーは放出に応じるだろう。
しかし、A・マドリー側では飽和状態になりそうなので、現状では獲得の現実味は少し低目か。

移籍の確率35%

情報はこちらのまとめサイトから


スポンサードリンク

posted by ポップ at 16:41 | Comment(0) | 移籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。