2015年12月01日

アーセナル、インテルFWイカルディ獲得に動く


こんにちはーポップです。

その移籍の噂、ホンマなん?

「イカルディ」
イカルディ.jpg
「アーセナルがインテルのイカルディを4500万ユーロ(約58億5000万円)の移籍金で獲得する可能性が高まっている。
今季はキャプテンを託されたが、ここまで11試合4得点と本調子とは呼べない状況となっている。アーセナルは・・・





「アーセナルがインテルのイカルディを4500万ユーロ(約58億5000万円)の移籍金で獲得する可能性が高まっている。
今季はキャプテンを託されたが、ここまで11試合4得点と本調子とは呼べない状況となっている。アーセナルはトヒル会長が拒否できないであろう58億円の巨額オファーを提示し、陣容に加える方針だという。」

ということで、
1.アーセナルがイカルディを獲得候補に挙げている
2.獲得に4500万ユーロを準備している

という噂です。

■イカルディとは?
イカルディは現在22歳のインテル所属のCF。22歳ながらアルゼンチン代表にも選ばれている才能豊かな若手FWだ。

プレースタイルは181cm、75kgという体格を活かしたパワープレーが得意。
しかし、ただ力任せのプレーではなく的確なポジショニングと一瞬の瞬発力でゴールを陥れるプレーもレパートリーに入っている。

テクニック自体は水準レベルながら、昨シーズン得点王を取ったように爆発力を持っており、一度波に乗ると手が付けられない。

スポンサードリンク



■インテルでの状況
インテルでは今のところスタメンでのプレーが多く、マンチーニ監督も信頼しているようだが結果が出てない。ここまで11試合出場で4ゴール。
スタメンとして3トップの中央を任されるが今シーズンに限って言えば戦力としては微妙だ。

しかし、放出するかといえばクラブ側に放出の意思はないだろう。若く、実績もあるイカルディは貴重な戦力になりうるからだ。
ただ移籍金の金額次第では放出せざるをえなくなることもある。イタリアのクラブの財政難はすさまじく大金を積まれたら断れないだろう。

バルセロナでもあるまいし、純粋なCFがイカルディしかいない今、クラブが放出するとは思えないが、お金には勝てないか。

■アーセナルでは
アーセナルではジルー、ウォルコットとともにCFのスタメン争いを繰り広げるだろう。
体格、プレースタイルともに近いのはジルー。来年には30歳になるためイカルディを獲得すれば放出という判断になってもおかしくはない。
ただ、より戦力面に注力して考えるなら放出するのはウェルベックなどのサブにすらなりきれてない中堅選手。

元々財力はあるので、多少の移籍金と年俸の負担が減るだけでも十分獲得できるだけの金額を捻出できるだろう。

問題は決して高い技術があるわけではないイカルディがアーセナルのパスサッカーに馴染めるのかどうか。
ジルーは確度の高いポストプレイなど技術の高さも備えている。その点を考慮すると獲得してもすぐにスタメンというよりは、控えから始まって環境適応と技術を磨くところに注力していきそう。


■総評
インテル側は放出にはそれなりの移籍金を要求し、アーセナルにはそれだけの財力があるので獲得の可能性は低くはないか?

移籍の確率40%

情報はこちらのまとめサイトから


スポンサードリンク

posted by ポップ at 22:25 | Comment(0) | 移籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。